1-2.感情・情動とは

著者:有園正俊 公認心理師

感情・情動は、心の中で大事な働きをします。そして、精神科の病気では、感情との関わり方が難しくなってしまうものが多いのです。その治療となる精神療法でも、感情の状況を知ることが大切です。
このページでは、感情の定義と特徴をまとめました。

目次
[1]感情とは
[2]感情と考え・欲求・感覚との区別
[3]感情・情動の特徴
[4]どういう場合が病気か?

[1]感情とは

感情・・・水面に表れる波のように心の中(意識)で感じられる動き、波です。波なので、時間とともに動いて、変化します。

心理学では、言葉、考え、映像のような、頭の中に実体が思い浮かぶものと、実体のない感情とを区別します。

感情は次の図のような短い単語で表せられる、気持ちです。

例:うれしい、悲しい、怖い・・・

感情の車輪

ウキウキ、ざわざわ、イライラ、モヤモヤ、ぞっとした、どよーんとした・・・オノトマペ・擬音でも感情を表す言葉があります。

感情は、快(気持ちいい感情)、不快(嫌な感情)の2つに、大きく分けることができます。

快の刺激には、求めたがり、近づき、不快な刺激には、避けたくなります。快、不快の感情は、基本的には、命と体を維持するために必要な反応ですが、人では、思考が複雑になるにつれ、命と体のためとは限らない感情も生じます。

情動は、どちらかといえば急激で身体的な反応を伴うものをさし、気分は、長い時間に漂うものを指すことが多いのですが、明確な定義はないようです。
英語だと、感情・情動がemotion、気分・感情がfeeling、気分・機嫌がmoodと訳されます。

[2]感情と考え・欲求・感覚との区別

・感情と、考え・記憶、欲求、身体感覚は、お互いに影響し合います。これらの区別を、あまり意識していない人も多いと思いますが、その違いは次のようです。

考え・・・短い言葉から、複数の言葉の文章で表せるものまであります。短い言葉でも、動詞、目的語、主語が省略されていて、それを補うと文章になる場合もあります。評価、価値、疑問などを表す言葉は、考えに含まれます。

例:「なんで?」「絶対無理」「だめだ」

欲求・欲望・・・「**したい」という気持ち、衝動です。「快」の感情を求めるか、「不快」な感情をなくしたいときに生じます。

欲求と、感情とは、連動していますが、区別します。

例:寝ていたい、避けたい、一人でいたい

身体感覚・・・例:喉がかわいた、お腹が空いた、(胸が)気持ち悪い、

考えと感情の区別が難しい言葉・・・言葉に、いい悪いという評価や理念が含まれていて、それに感情が伴う言葉です。

例:罪悪感、責任感、後悔、劣等感、達成感、優越感、

英語だと、考えるはthink、感じるはfeelで、区別されるのですが、日本語での「思う」「感」という言葉は、その区別が明確ではなく、感情と考えをいろいろな組み合わせた言葉が作れるためです。

[3]感情・情動の特徴

感情は、心の波なので、時間とともに変化します。
強い感情が起こっても、通常は、時間とともに、その強さが和らいでいきます。

・感情は、主観で感じます。その人の感情が、表情、態度、涙、言動などに表れることはありますが、感情を直接、他人が見ることはできません。

・感情と情動との厳密な定義はないようですが、情動は、身体の生理的な動きを含めた言葉として用いられることがあります。

脳科学辞典によると情動は、生体に入力された感覚刺激への評価に基づいて生ずる
生理反応(自律神経系、免疫系、内分泌系)
行動反応(接近、回避、攻撃、表情、姿勢など)
主観的情動体験
の3要素からなる。

つまり、

出来事・記憶感情+身体内(生理)反応外見の反応(表情・態度)行動

[4]どういう場合が病気か?

精神疾患にはいろいろな病気がありますが、診断基準によると概ね次の項目に当てはまる場合に病気が疑われます。

・苦痛な感情が、なかなか治まらない。(以前ならば、治まっていた期間を過ぎても苦痛が続いたまま)

・強い感情が起きやすく、それに振り回されてしまう。

・感情の強さや不安定のために、日常生活・睡眠や身体の健康・対人関係に支障をもたらしている。

症状になる場合:
強いストレス、精神的に辛い状況(いじめ、DV、事件の被害、受験、貧困、生活の不安定)に、襲われると、嫌な感情が生じます。

ストレスの衝撃が強すぎた、もしくはストレスが何度も繰り返され長期間、続いた

警戒心が増す。
そして、「これ以上、ストレスが来たら、耐えられない」「もっと悪いことが起こったらどうしよう」という考えもよぎりやすくなり、以前は、気になっていなかったことでも、悪い方にとらえがちになってしまいます。
このような体験が、子どものときの人もいれば、大人になってからの人もいます。

嫌な感情が増して、精神的に追い詰められるタヌキ君

そのような状況が、一時的ではなく、長く続く場合、精神症状(病気)と言えるかもしれません。できれば専門医にご相談ください。

病気になると、実際には恐れるほどの状況でなくても、脳の中で恐嫌な感情を敏感に感じてしまったり、感情に影響されやすくなってしまうとがあります。
タヌキ君の例ですと、断崖絶壁に感じられても、他のタヌキには、余裕のある場所に見えます。
脳の症状は、そんな錯覚を感じさせることがあります。

参考

脳科学辞典
野村理朗「情動」

田積徹、西条寿夫「快・不快」

タイトルとURLをコピーしました