5-1.OCDと脳

強迫症/強迫性障害(OCD)の患者さんの脳を、画像を解析した研究が行われています。

[1]脳の構造

下図は、脳の中心付近の断面図です。
強迫症/強迫性障害(OCD)の患者さんの脳では、主にカラーの部分が、敏感、もしくは使い過ぎている部分です。しかし、患者さんによって、そのような部位にいくらかの違いがあり、研究によって結果が一貫してはいません。

脳の断面図とOCD

[2]OCDとの関連

・画像研究から、OCD患者では、眼窩前頭皮質、帯状回の前部、尾状核(線条体の一部)の活動の高まりが見られるという報告は多い。[1][2]
「OCDにおいてはこれらの部位の異常が、薬物療法や行動療法で症状が改善すると正常化するということは、ほぼ一致した見解のようである。

・大脳基底核の異常が見られたという報告もあるが、結果に一貫性がない。

・手続き機能を学習し、その後、自動的に行うには、大脳皮質→大脳基底核(線条体)→視床→大脳皮質というCSTC系ループ(4種類)が関係しているという説。[1]
CSTC系は、セロトニン神経系の支配を強く受ける。(参照:セロトニンと活性化
一方で、セロトニン以外の系が影響している可能性、セロトニンの機能不全自体はOCDの病理発生にはあまり役割を果たしていない可能性も考えられている。

[3]OCDに関連した部位と働き

脳の各部の働きは、文献によって様々で、わかっていないことだからけです。[2][5][6]

前頭前野(前頭前皮質)・・・前頭葉の前側。 思考、創造性のような高度な働きの中枢となる部位と考えられています。
注意の持続(ワーキングメモリー)、段取り・計画を立てる、意思決定、短期的な欲求と長期的な欲求とを比べどちらかを選択するなどの働きに関係します。

成熟が最も遅く、20歳代で完成します。また、老化によって、最も早く機能低下が起こりやすい部位でもあります。[3]

眼窩前頭皮質(がんかぜんとうひしつ)・・・前頭前皮質の目の上の部分(ブロードマンの脳地図 11, 12)。感覚情報の統合、意思決定などの認知処理。

辺縁系 limbic・・・辺縁皮質(大脳の内側の層。帯状皮質、海馬、海馬傍回)と、皮質下の核(扁桃体、乳頭体など。視床下部も含まれる場合がある)、そしてそれらを繋いでいる線維連絡(脳弓、脳弓交連など)からなる。
本能と情動的な行動、機嫌を左右する。

・帯状皮質cingulate cortex・・・内側面の帯状回、帯状溝内部からなる。情動、動機づけ、意識的体験に必要な多くの機能に関連付けに関わっていると考えられる。前部(anterior)と後部(posterio)に分けられる。

帯状回(前部)gyrus cinguli ・・・注意の切り替え、認知を柔軟にする、状況に順応しやすくする、違った考えや複数の選択肢を考える。心拍数や血圧などの自律神経機能にも関係する。ここが活動過多になると、嫌な考えや困った行動がくせになり、止まらなくなる。

・大脳基底核(だいのうきていかく)・・・大脳皮質と視床、脳幹を結びつけている神経核の集まり。線条体、視床下核、レンズ核(淡蒼球+被殻)、黒質、扁桃体からなる。
全身の緊張度。リラックス度を設定する。ここが活発に働きすぎると、人は落ち着かず、不安になり、ピリピリした気分になる。逆に、活動が低下すると、ペースが落ち、意欲がわかなくなる。

線条体(せんじょうたい)・・・尾状核と被殻からなる。線条体を構成するニューロンの大部分は、投射細胞であるGABA作動性の中型有棘細胞であるが、その他の抑制性神経細胞も存在する。

尾状核(びじょうかく)・・・視床の両側に覆うように、2つの大脳半球(右脳、左脳)にはそれぞれ尾状核が存在する。
学習と記憶システムの重要な部分、行動と思考の習慣に関わっていると考えられている。

扁桃体(へんとうたい)・・・左右に1つずつある。感情(恐怖など)・感覚と、(海馬と連携し)それをもたらした出来事への認識・記憶を結びつけることに関係していると考えられている。記憶固定の調節、自律神経系にも関わる。

海馬(かいば)・・・近時記憶と長期記憶の形成(記銘)に関わる。

視床(ししょう)・・・間脳にある。視床は、いくつかの核群に分けられる。記憶、情動に関わる。視覚、聴覚、体性感覚などの感覚入力(嗅覚を除く)を大脳新皮質へ中継する。

[4]参考文献

[1]Dan J.Stein著「不安とうつの脳と心のメカニズム」星和書店原著2003年、訳2007年
[2]原田誠一編「強迫性障害治療ハンドブック」金剛出版(2006)p100
[3]脳科学辞典>渡邊正孝「前頭前野」2013
[4]「強迫性障害における脳画像研究」精神科治療学vol22.No.5, 2007年5月, p517-521
[5]ダニエル・エイメン、リサ・ラウス「脳画像でみる「うつ」と「不安」の仕組み」2004年
[6] 原一之「脳の地図帳」講談社2005年

シェアする
Ariをフォローする
強迫性障害などの精神疾患 OCDサポート
タイトルとURLをコピーしました