OCDサポートとは

概要

事業:

強迫症/強迫性障害(OCD)などの精神疾患・発達障害などへのカウンセリング・相談・支援、医療機関・関連団体との連携、コンサルティング、原稿執筆、調査研究、webページの運用など。

OCDお話会は、OCDサポートとは別の団体活動です。
・海外のOCD Supportという団体とは、関係がありません。

相談室住所:

〒180-0006 東京都武蔵野市中町1丁目23-1-901

(JR中央線・総武線 三鷹駅北口 徒歩3分)

メールによる「問い合わせ」は、サイトの下に表示してあります。電話番号は、サイトでは公開しておりません。

スタッフ 有園正俊(Masatoshi Arizono)

職業・役割:

OCDサポート、ももこころの診療所 心理カウンセラー、
OCDお話会 世話人

資格:

公認心理師、認定行動療法士、精神保健福祉士

学会・メンバー:

日本認知・行動療法学会会員、日本トラウマティック・ストレス学会会員

発表(医療・心理のみ:他分野の発表は除く):

2017.11 CaseCamp 札幌「過敏性腸症候群(IBS)への認知行動療法」
2016.10 日本認知・行動療法学会ケーススタディ「過敏性腸症候群(IBS)への認知行動療法
―段階的曝露、マインドフルネスを用いた事例―」
2016.7 CaseCamp 彦根「縁起強迫への認知行動療法」
2015.3 吉田 賀一(発表者), 有園 正俊(コメンテーター)「短期間で症状改善へと至った小児OCDの症例(口頭発表,コロキウム報告)行動療法研究 41(3), 268-269, 2015-09-30
2014.11 日本認知・行動療法学会 ポスター「OCD患者の認知行動療法についての情報と治療経験の状況
2014.3 日本行動療法学会 コロキウム事例発表、熊野 宏昭(コメンテーター)「外出・ごみ捨て困難な強迫症状へのE/RP : 遠方のクライアントと動画通信による面談」(口頭発表,コロキウム報告)行動療法研究 40(3), 220-221, 2014-09-30
2014.2 日本不安障害学会 ポスター「強迫性障害の重症度と就労・就学・家事の状況との関係」抄録集 2014;p130.
2013.8 日本行動療法学会 ポスター「強迫性障害の患者の受診状況と認知行動療法の必要性」抄録 2013;p169-170.
2013.2 日本不安障害学会 シンポジウム「強迫性障害の患者・家族が困っていることと専門療法の必要性」

専門誌:

2017.4 星和書店「精神科治療学」第32巻04号強迫症の理解と治療の新たな展開 II「強迫症/強迫性障害における自助グループの役割」
2015.3 科学評論社「精神科」第26巻第3号「特集II 当事者グループから学ぶもの 強迫症の患者にとっての治療の状況」

著書:

2017.9「よくわかる強迫症」主婦の友社
2010.9「よくわかる強迫性障害」主婦の友社 絶版 
2005.10「外へ出ませんか」文芸社 絶版

講演会:

2016.1.17講演会「強迫症(OCD)とひきこもり ~本人・家族の気持ちとその対処~」会場:とちぎ福祉プラザ(栃木県宇都宮市)、主催:NPO法人KHJとちぎベリー会

TV出演:

2012.10 NHK 総合テレビ「あさイチ」特集「強迫性障害」
2011.6 NHK Eテレ「ハートをつなごう」
2005.11.30(水)毎日放送「ちちんぷいぷい」>中井雅之の「大変でしたなぁ」

新聞・雑誌:

2017.3 時事メディカル「極度のきれい好き、それって病気?潔癖症と強迫性障害の境界線
2014.9 雑誌「やくしん」10月号「インタビューいのちの響き」佼成出版社p44-46

リンク:

Twitter @aricop6 OCD関連の情報を流しています。

ブログ:東京の精神科カウンセラー有園 ブログでは病気の相談なし

私(有園)のOCD体験 2020.2.16修正

強迫性障害のホームページを作った経緯 2018.10.15加筆

YouTube(aricop6)手洗いの動画や昔の音楽。

シェアする
Ariをフォローする
強迫性障害などの精神疾患 OCDサポート
タイトルとURLをコピーしました