1-5.病者の役割

アメリカの社会学者タルコット・パーソンズが提唱した病者の役割(Sick role : Wikipedia)という考え方を日本語に訳して紹介します。 [5]
病者というのは、患者さんのことです。内科、外科などの病気だけでなく、精神疾患でも当てはまります。

権利
①病者は通常の社会的な役割を免除される

――病気のために、仕事や学校を休むことが許されるということです。
そのため、社会的には学校や仕事を休む場合には、病気かどうか理由を定かにするといいのです。不登校、休職、ひきこもりでも、病気が関係していると思われる場合、医師の診断を受けておくことが望ましいです。しかし、深刻ないじめのような危険にさらされていたり、自分の状態を言葉で説明するのが難しい場合も考えられます。

②病者は、病気の状態について責任を負わない

――(どのような病気であれ)病気は、本人が好きでなったものではなく、コントロールが難しいこともあるので、周囲の人も責めるべきではありません。

③病者は治療・支援を受ける権利がある

―――医療やリハビリテーションを利用する権利があります。その権利を支援するために、保険や福祉の制度があります。

義務
④病者は、回復に努めるべきである

――疾患によっては、専門治療を受けることや回復が難しい場合もあります。しかし、その人の状態・状況に応じて、悪化を防ぐ、できるだけ支障を減らすように努めることが役割です。

⑤病者は技術的に有効な援助を探し求め、医療の専門家に協力すべきである

――現代では、インターネットが普及し、専門家を探す手段が広がりました。

解説

上記は、家族の中でも当てはめることができます。
病気が重いときは、思うように動けないときもあるでしょうが、病状に応じた治療、療養、リハビリテーションに努めることが患者さんの役割になります。
支援してくれる家族・社会の人は、もし一人で生活していれば、自分のためだけに使える時間、お金、労力を一部、病気の人のために費やしてくれているわけです。
そのため、病者は、1日の中で、自分の役割を行う時間をもつことが望ましいです。それが済んだら、趣味の活動をするようにしないと、支援する人々の負担に対し、不公平になってしまいます。

また、患者さんの中には、外見では病状がわかりにくい人もいるので、外でばったり誰かに会ったら、どう思われるかを気にして、外出を避けてしまう人もいます。しかし、行く場所が決まっていなくても、外出や歩くことがリハビリテーションとなることもあります。

タイトルとURLをコピーしました