1-5.病者の役割

アメリカの社会学者タルコット・パーソンズが提唱した病者の役割(Sick role : Wikipedia)という考え方を日本語に訳して紹介します。 [5]
内科、外科のような病気だけでなく、精神疾患でも当てはまります。

権利
①病者は通常の社会的な役割を免除される

――病気のために、仕事や学校を休むことが許されるということです。
ただし、学校や仕事を休む場合には、病気かどうか理由を定かにするべきです。つまり、不登校、休職、ひきこもりをするには、医師によって病気によるものかどうかの診断を受けておくことが望ましいです。

②病者は、病気の状態について責任を負わない

――(どのような病気であれ)病気は、本人が好きでなったものではなく、コントロールが難しいこともあるので、周囲の人も責めるべきではありません。

③病者は治療・支援を受ける権利がある

―――医療やリハビリテーションを利用する権利があります。その権利を支援するために、保険や福祉の制度があります。

義務
④病者は、回復に努めるべきである

――精神疾患では、回復が難しい場合もあります。しかし、その人の状態・状況に応じて、悪化を防ぐ、できるだけ支障を減らすように努めることが役割です。

⑤病者は技術的に有効な援助を探し求め、医療の専門家に協力すべきである

――現代では、インターネットが普及し、専門家を探す手段が広がりました。

解説

①~④は、家族の中でも当てはめることができます。
病気が重いときは、思うように動けないときもあるでしょうが、病状に応じた治療やリハビリテーションに努めることが役割になります。
支援してくれる家族・社会の人は、もし一人で生活していれば、自分のためだけに使える時間、お金、労力を一部、病気の人のために費やしてくれているわけです。
そのため、病者は、1日の中で、自分の役割を行ったら、趣味の活動をしていいというようにしないと、支援する人々の負担に対し、不公平になってしまいます。

タイトルとURLをコピーしました