2-8. 汚染/洗浄の場合

著者:有園正俊 公認心理師

[1]汚れ・汚染物質が気になる強迫観念のタイプ

俗称ですが、不潔恐怖とも呼ばれます。大きく次の3つのタイプに分類できます。

1)漠然とした汚れタイプ
汚れではあるが、その内容は漠然としていて、具体的に何の汚れか特定できないタイプ。外の汚れ、学校の汚れというように、ある場所に行くと、そこの汚れがつくと思う人もいます。

2)ごく微量、ついたか不確かな量でも許せないタイプ
汚い、有害な物質がごくわずかで、多くの人が気にしないような場合でも、嫌がって除去したくなります。
対象物質:ウイルス(新型コロナ、HIV、C型肝炎など)、菌、排泄物、体からの分泌物、土、砂、水銀、電磁波ほこり、薬品、強い洗剤
・目では見えなくても、それらが付いているのではと気にします。
・目で見えるが、何の汚れかわからない小さな点のようなものでも、自分の苦手な汚染物質だったらどうしようと気になります。
対処の参考コラム:微小な物質はどこにでもある確率と無視できるほど小さい

3)精神的な汚れ・汚染タイプ
嫌な人がさわった物、嫌なイメージが頭によぎったときに買ったりさわったものが、汚れているように思えてしまうタイプ。性的な被害に合った人が、その時に身につけていたものをけがらわしいと思う場合もあります。
・特定の人(例:お父さん、意地悪な人、野宿者、だらしない人、風俗に行く人)に対し強迫観念が生じることもあります。理性的には、差別はいけないとわかっていても、症状が抑えられずに、葛藤する場合もあります。

[2]強迫行為で見られるパターン

・洗い方、掃除の回数が増えるほど→より汚れが落ちると思い込む。
・水洗いより、石けん洗い、普通の石けんより薬用石けん、石けんよりもアルコールというように、より安心できる洗浄・除菌法を求めて、強迫行為がエスカレートしていくことがあります。
→参考 コラム:手の洗い方
・ちょっとでも注意がそれたり、どこまでやったかわからなくなると、また始めから洗浄し直したくなります。

[3]きれいと汚いの区別

・汚れ・汚染の広がり・・・・さわった、もしくはさわったかもししれない場所に、誰かが触れば、次から次へと汚れ・汚染が広がっていく?と考えてしまいます。
鬼ごっこで、鬼に触られたら鬼になるように、見えない汚染がタッチしただけで広がっていくようなものです。
患者さんにとって、汚染が、きれいにしておきたいもの・場所に広がるのは、何としてでも避けたいので、そこで強迫行為をしたい衝動が生じます。

きれい・汚い 説明図

患者さんは、上図の
左側:●●がついていないと思う場所=きれい=聖域

右側:●●がついていると思う場所=汚い
とを区別が過剰もしくは徹底している。

汚いものが、きれいな場所に入ることは、阻止したい。

右の汚い場所の物をふれたら、左のきれいなものにふれないよう強迫行為(洗浄、回避・・)をする

[4]行動療法のポイント

きれいと汚いの区別を、いかに壊していくかがポイントです。
つまり、ただ汚いと思うものに手でさわって曝露するだけでは、手だけが汚れているので、手を洗いたいという衝動がいつまでも続いてしかねません。

不潔恐怖の場合、汚染されていると思う物に、まず手で触れ、次にそれを髪、顔、腕、脚などに広げて行きます。
その次に、「あなたの住環境に広めましょう。」 「ほかの人々を汚染することも恐れているのなら、エクスポージャーの実践中、その人たちを汚染する方法も考えなければなりません。」[1]p261
そのようにして、どこに触れたか覚えきれないくらいさわっていくと、強迫行為へのあきらめもつきやすくなります。

参考文献

[1]エドナ・B・フォア博士&リード・ウィルソン博士(片山奈緒美訳)「強迫性障害を自宅で治そう!」VOICE
[2]Pandmal de Silvia; Stanley Rachman(著)、 貝谷久宣(訳)「強迫性障害」
[3] Dan J.Stein著「不安とうつの脳と心のメカニズム」星和書店原著2003年、訳2007年
[4]Tamae E.Chansky,Ph.D., Freeing Your Child From Obsessive-Compulsive Disorder, THREE RIVERS PRESS, 2000

タイトルとURLをコピーしました