11月23日までの更新など

1)「5-1.OCDと脳」ページの修正が終了。

強迫症/強迫性障害(OCD)での脳の画像研究からわかっていることを、当サイトで図つきで整理しました。強迫性障害の案内板>5-1.OCDと脳
書籍ジェフリー・M・シュウォーツ[著]「不安でたまらない人たちへ」思想社でのブレイン・ロック、OCDループ、CSTC回路について書いています。文献を見て、用語を整理し、図を制作するまで、多くの日数がかかりました。
それにともない、脳の神経伝達物質であるセロトニン神経系、血液脳関門についても修正しました。
健康・リハビリ>6.光、運動とセロトニン

2) カロリンスカ研究所によるインターネットでの調査は今年末までの予定

TOPページに載せているスウェーデン、カロリンスカ研究所による「強迫性障害患者における生活習慣と身体の健康」に関する調査(2021年末まで)
対象:強迫性障害の患者で18歳以上の人。
回答は、インターネット上でできて、15分ほどかかります。無記名で、個人を特定するような情報は一切保存されません。

3)OCDお話会、年内は開催しません

新型コロナの新規感染者数が、秋になって最近では、かなり減ってきました。しかし、今後、冬にかけて第6波が来ないか、状況を見たいと思います。
会場予約は、3カ月前にする必要があり、OCDお話会の2021年内の開催予定はありません。
今年8月に家族のみの回を一度、オンラインで試行しましたが、2022年はどうするかは未定です。

タイトルとURLをコピーしました